THINK GREEN PRODUCE co.,ltd.

FOLLOW US

NEWS

日本橋 老舗乾物店「八木長本店」との業務提携

PRESS

Post 2017.03.14

株式会社八木長本店(創業 280 年、東京都中央区日本橋、代表取締役社長:西山麻実子)と株式会社 THINK GREEN PRODUCE(創業 10 年、東京都渋谷区神宮前、代表:関口正人)は、日本の食の基本である「出汁」を中心とした食文化を今そしてこれからの時代へ継承していく国内事業、及びこれを世界に広めるグローバル事業(文化共生事業)に関する(包括的な)業務提携契約を締結する運びとなりました。 

国内事業としては、銀座、赤坂等の有名料亭や割烹にて使用されている八木長本店の選び抜かれた高品質な出汁(まぐろ節・かつお節・こんぶ等)や様々な乾物類を改めて皆様に知って頂き、使って頂くことを通して改めて日本の食文化の素晴らしさを実感して頂く事を目的に、八木長本店の日本橋本店を2017年秋にリニューアルオープンいたします。
店舗のデザインはスキーマ建築計画事務所の長坂常氏。

これを機に、今後は、八木長本店の高品質な出汁や乾物類を使用した新しい形の飲食店舗等の展開を行っていく予定です。
また、海外事業としては、既にTHINK GREEN PRODUCEのプロデュースのもと、2015年にサンフランシスコ、ロサンゼルス、ブルックリンにて出汁と日本の食をテーマにしたポップアップイベントを開催し、大好評を頂いております。
こうした反響を受け、海外進出に向けたブランドとして「DASHI SHOP JAPAN」(主にレストラン・グローサリー・デリカテッセン)を開発し、2018年春に渋谷宇田川町における1号店開業を皮切りとして、2018年以降には、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨーク等への出店を計画しております。また今後は、同事業に対するパートナー企業も募っていく予定です。

PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000024715.html


■八木長本店について
1737年に江戸(東京)日本橋小舟町に創業いたしました。
江戸時代の日本橋はすでに100万都市で、今の築地に移転する前の元祖魚河岸の有った場所、その中で日本橋小舟町には鰹節問屋などが軒を連ねていました。八木長本店の初代は伊勢から上京した伊勢商人であり、当時の店名は伊勢長、そして小舟町にて鰹節と塩鮭を取り扱う商店を開いたのが始まりです。明治時代に現在本店が店を構える日本橋室町1丁目に移転し、現在に至るまで変わらず日本橋を見渡せる当地で営業し続けております。
八木長本店では、日本料理に欠かせない出汁の基本となる3素材である鰹節、昆布、椎茸をはじめとした高品質の乾物を販売しております。八木長本店には、先代から伝わる最高品質の製品を選ぶ目利きの技と専門家としての優れた知識が引き継がれており、東京の日本橋や銀座の老舗レストラン、ミシュランの星付レストランや高級スーパーまで、数多くの有名なクライアントから信頼を寄せられています。