THINK GREEN PRODUCE co.,ltd.

FOLLOW US

NEWS

オフィスブランディング事業 LIFULL新社屋移転

NEWS

Post 2017.04.12

THINK GREEN PRODUCEはオフィスブランディング事業第一弾の取組として不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S(旧:HOME’S)」を運営する株式会社LIFULL(旧:株式会社ネクスト)の新社屋を総合プロデュースしました。
東京都千代田区麹町にある築約50年、改修面積約3000坪の建物を1棟丸ごとフルリノベーションし、シェアオフィスやカフェなど新たなコンテンツが付随した自由で快適なオフィス環境。

日本の不動産業界をWEBサービスで革新する株式会社LIFULLとともに、業界が抱える最重要課題のひとつでもある「既存建物の有効活用」に対し、新たなモデルケースとなるべく挑んだオフィス・ブランディング・プロジェクトです。

「ウチとウチ、ウチとソトが繋がるオフィス」へ
LIFULL社が掲げていた、内(ウチ)と外(ソト)がゆるやかに繋がる「ENGAWA(縁側)」というキーコンセプトをベースに、オフィスを新鮮な出会いと自由な発想を育む「つながりのプラットフォーム」と再定義。約1100名が快適に過ごせるデイリーなオフィス空間はもちろん、社員以外も利用できるインキュベーションオフィス(シェアオフィス)や地域住民も利用できる飲食スペース(カフェ)を併設。社員同士だけの閉ざされた空間ではなく、オフィスをより外にむけて開くことで、常にフレッシュな情報と人材が行き来するオープンでイノベーティブな環境を目指しました。

社内のコミュニケーションスペース、ワークスペースを最適化
LIFULL社内のオフィスフロアの中央部には「フリーアドレスエリア兼コミュニケーションエリア」を設けました。フリーアドレスで働く社員はもちろん、コピーコーナーなども集中させ、人が集まる場所を演出することで、そこから生まれる何気ない会話や自然な流れからのブレークスルーなど、社内のコミュニケーションを活性化させるためのエリアとしました。また、チームの自由な発想を広げるスタンディングタイプの「ブレストルーム」やチームで議論を深めるための「プロジェクトルーム」、一人で集中してデスクワークに取り組みたい時のための「集中ブース」など、多様なワークスタイルに合う最適な環境を選択することができるようにしました。

飲食スペース「LIFULL Table(ライフル テーブル)」 2017410日より営業開始
新宿通りに面した1階には、LIFULL社員だけでなく、だれでも利用可能な飲食スペース、「LIFULL Table」をオープン。毎日バランスのとれた食事を気軽に楽しめるデリ食堂をコンセプトに、主菜・副菜・サラダを選べる定食セットから定番のカレー、鶏飯などを提供します。気軽な打ち合わせスペースとしての利用も可能で、夜は貸し切りのイベント会場としても活用できます。

住所:東京都千代田区麹町1-4-4 1F
営業時間:平日9:0018:00
定休日:土日祝/年末年始
電話番号:03-6774-1700
URL: http://table.lifull.com/

インキュベーションオフィス「LIFULL HUB(ライフル ハブ)」 201758日より営業開始予定
2階のLIFULL社エントランススペースに隣接し、社外の起業家やフリーランサーが活用できるインキュベーションオフィス「LIFULL HUB(ライフル ハブ)」を展開します。LIFULL社員にとっては外部ブレーンとの交流スペースや出会いの場となっており、外部利用者としてもLIFULL社の役員とのメンタリング(事業相談)が無料で実施できたり、LIFULL社が主催する事業プランコンテストなどに参加できるなど、ビジネス面でもメリットのあるサービスを提供します。また、1階のカフェとの行き来も可能なので、まさにだれにとっても居心地の良いオープンなシェアオフィス機能です。

住所:東京都千代田区麹町1-4-4 2F
営業時間:平日9:0019:00(月額会員は24時間利用可)
定休日:土日祝/年末年始
電話番号:0367741690
URL: http://hub.lifull.com/

オフィスブランディング事業とは
ワークタイムにおける様々な時間-「ルーティン」「ミーティング」「ブレスト」「コーヒータイム」「ランチ」など- を企業それぞれのスタイルに合わせ掘り下げ、より快適でイノベーティブなオフィスづくりをおこないます。オフィスの設計デザインや移転プロジェクトマネジメントなどのハード面から、オフィス内カフェや社員食堂の業態・メニュー開発・運営、シェアオフィスの業態開発、運営などソフト面まで、ハード・ソフト両面からオフィスをブランド化し、社内外へのブランド発信および浸透を図ります。