THINK GREEN PRODUCE co.,ltd.

真逆と思えることが、実はつながっている。

私たちはもともと、建築や不動産を生業にしてきました。
ただ、その視点からだと、
見えないことがあることに気づきました。

たとえば人口が少ない、
不動産としての価値はない立地であっても、
そこには必ず1杯のおいしいコーヒーを求めている人がいて、
しかるべきかたちで届けることができたなら、
人はおのずと集まってくると。

競争の高い都心で、ハコだけをつくるビジネスよりも、
気持ちいい時間、中身を考えて場をつくるほうが、
ビジネスとしても価値があるんじゃないかと。

私たちが大切にしているのは、両方の、
真逆の視点を必ず持つこと。
1杯のコーヒーと都市計画、都心とローカル、
日常と非日常、センスとビジネス。
一見、両極端のことのように見えて、
実はつながっているということ。

この感覚を、いろんな人たちを分ちあうことができたなら。
そんな夢想をしています。

都心だから、ローカルだから、ではなくて。

いわゆる、一般的なリアルビジネスの考えは
「マーケットイン」と呼ばれ、
人がいるところ、集まる街に向けて、
サービスや商品を提供します。
対して、私たちの考えは「プロダクトアウト」。
その街や地域にマーケットがある、ないにかかわらず、
「ここで何ができるだろう。ここでしかできないこと
ってなんだろう」と、とらえます。
その土地の持つ「価値」を考え、共感者を募り、
一緒につくり上げていくやり方を好みます。

およそ時間のかかることかもしれません。
ただ過去の成功事例にとらわれて、
すでにあるものをなぞらえるより、
それはきっと、オリジナリティのある価値が生まれる
可能性を秘めています。

都心に住んでいるから、
ローカルの良さが分かることもある。
その逆もしかり。
会社として、また人としても。
偏った観点でものごとを捉えないのは、
おそらく大事なこと。

食を大事にする人こそ「センスがいい」理由。

ファッションや音楽、映画など。
「センスがいい」対象は世にあまたありますが、
中でも食はただ唯一、身体の中に取り込めて、
その場でしか得ることができないもの。
つまり、そこにヴァーチャルはなく、
確かなリアリティがあります。

人のカッコよさや美しさの本質が、
精神と身体で構成されているとするならば、
センスを磨くため、食に意識を向けること、楽しむことは
非常に大切な要素であると、私たちは考えています。

都市生活者が、センスよく上質な生活を求めるべく、
より食への関心を強くする中、
レベルと感度の高い「食と、そのまわりにあるもの」を
提供することは、
街の形成、カルチャーの創造とも、
深い関係をもたらすと、私たちは思っています。

なぜ食の事業に力を入れているのか、
これが答えのひとつと言えるでしょう。

社会へのいいこと、につながることを優先的に。

きれいごとを言うつもりは、まったくありません。
私たちは営利を目的とした一企業として、
事業を考える上での視点のひとつとして、
適正収益を上げながら、社会への貢献につながることを、
優先的に考えていきます。

理由のひとつは、これからの生活者の、
消費に対する価値基準の変換です。
ものもサービスも情報も、さらにあふれていく中で、
彼らの向かう先は「どうせなら社会のために」という消費マインド。

寄付などで直接、社会貢献を行うのは
いささかハードルが高いものの、
どうせ着るなら、どうせ食べるなら、少しくらい高価でも、
社会のためになるものを選びたい、
という判断軸を、おぼろげながらも持ちだしている。
しかもその傾向は、
文化成熟度の高い人たちから進んでいる。

先の日本を考えると、これが当たり前の意識となる。
そんな気がしています。

未来は、自分たちの歴史や文化を認めた、
その先にある。

世界じゅうから見ても、日本は歴史のある国です。
作り上げられた街や文化は、
一夜にしてできるわけではありません。
そんな大きな「価値」とも言える、
日本の歴史文化を継承することは、私たちの課題です。
ただし全てを残す必要はない、とも思っています。

私たちの考えはシンプルです。
日本の「価値」を、求めている人に届け、
ビジネスとして継承していくことです。

たとえば「だし」は、
日本の歴史ある和食文化から生まれたものです。
もともとヘルシーですし、捨てるところもない。
いまの社会に合っていますし、
無形文化遺産に登録されてからは、
とくに海外からのニーズも高い。
求めている相手に届けるためには、
グローバル化が必須となります。

自分たちの歴史や文化を認めつつ、
これからの時代に焦点を当て、再編集、再構築する。
そうすることではじめて、
未来への橋が架かる可能性があると思っています。

新しくつくるのではなく、
あるものを生かしてつくる。

2021年くらいから、
日本の総人口は減少していくと言われています。
これまで増加の一途だった日本にとって、
かつて経験したことのないフェーズに入ります。

これまでの街づくりは、
人が増えるという前提でなされているため、
今後、使われない建物が多くなると、
社会におけるストックのような存在となり、
古い建物はいずれ壊していくしかない、
という状況に陥ります。

しかし、そんな古い建物こその良さもある。
私たちは、そこに可能性を見出しています。
古い建物をストックではなく「資源」ととらえ、
リノベーションをし、新しい価値をつくる。
これが私たちの考える不動産事業です。